• 東京都世田谷区太子堂4-30-25
  • 03-3422-8877

交通事故

交通事故

交通事故画像

交通事故による怪我は基本的にはご自身の健康保険ではなく、自賠責保険を用いた診療となります。私は交通事故による外傷性頚部症候群の患者さんの10年以上に及ぶ長期縦断研究を担当し臨床症状の経過やMRI画像の変化について調査を行い、学会や英論文での報告をしてまいりました。またその後、その経験を生かして弁護士さんや損害保険会社員に向けた交通外傷に関わる講習・勉強会の講師や、後遺症認定業務の担当を長年担当してまいりました。外傷性頚部症候群の多くは長期には症状が改善し予後良好な疾患ですが、中には症状が遷延化し日常生活動作にとてもお困りの方が見受けられます。私たちは、思いもしない交通事故により、つらい痛みを抱えている患者さんに寄り添った診療を行います。事務手続きに不安のある方は交通事故担当の職員が分かりにくい各種手続きを丁寧にご説明いたします。入院の必要のない交通事故による外傷は大学病院や大きい病院では丁寧な診療や説明が難しいことが多いのが現状です。経験豊富な私達スタッフが安心して治療に専念して頂けるようにクリニックならではの親身な対応を心がけます。

受傷当日は強い痛みがなくても、後日(受傷後1-3日程度)になってから痛みが出現し、徐々に悪化してくる場合があります。医師による診察、単純X線写真による骨関節の正しい評価、必要な場合には連携施設でMRIやCT検査を行います。交通事故による外傷は通常の保険診療とは異なり、早期の適切な診断が重要となります。症状があるにも関わらず、医療機関を受診せず診療を受けていないと、痛みを訴えていたことが後々に証明することができません。この場合、後遺症診断の審査では疼痛の程度が低かったもしくはなかったと判断されてしまう場合があります。医師の診療の後に、必要に応じて理学療法室で消炎鎮痛処置やマンツーマンの運動器リハビリテーションも行います。運動器リハビリテーションは施設認可の承認を得た医療機関で、予約制で疼痛部位のリラクゼーションや可動域訓練、筋力トレーニングを行います。

交通事故による外傷では十分な治療を行っても痛みや痺れが残り、不幸にも症状の改善の見込みが乏しい患者さんがいらっしゃいます。また、交通事故による治療は無期限に行うことはできないため、症状が残存していても治療が終了となってしまう患者さんもいらっしゃいます。この状態は“症状固定” とされ、交通事故による残存した症状を後遺障害として認定を受けるために、医師による後遺障害診断書の作成が必要になります。後遺障害診断書には、残存した痛みや可動域制限などの症状が、それまでのカルテや単純X線画像やその他の画像検査等で、整形外科医師により客観的に提示がされていることが必要です。整骨院等では後遺症診断書の書類を作成はできません。後遺症診断は、交通外傷の治療経験が豊富な整形外科医による診断を受けることを推奨します。

東京都世田谷区太子堂4-30-25

院長
岡田 英次朗
診療内容
整形外科、リハビリ、交通事故、骨粗鬆症、スポーツ整形、側彎症、自費診療、予防接種
最寄駅
田園都市線 三軒茶屋駅、世田谷線 三軒茶屋駅から徒歩3分
小田急バス 三軒茶屋銀座バス停から徒歩1
東急バス  三軒茶屋バス停から徒歩4
代沢十字路バス停から徒歩6
駐車場
クリニック横 駐車スペース2
診療時間 日祝
9:00~12:30
(受付終了時間
12:15)
14:00~18:00
(受付終了時間
17:45)

休診日:土曜午後、日曜祝日
火曜午後 一般外来(予約不要)+側彎外来(予約制) 
土曜 9:00~13:30(受付終了時間13:15)
水曜、木曜(第2・4)、土曜(第1・3) 岡田菊三医師

03-3422-8877 WEB予約
このページの上へ